マントラを唱える – マハー・マントラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


マントラを唱える – マハー・マントラ

ハレー・クリシュナのマハー・マントラ

 マハー・マントラ (Hare_Krishna_Maha-Mantra) について、Ananta-samhita (聖典) には、 「この神聖で功徳に満ちたマハー・マントラについて、グルの祖であるブラフマーはいった『シュルティ(天啓経典)では、このマントラはカリの時代において最良のマントラであると宣言している。』ブラフマーからこれを聞いたナーラダをはじめとした弟子たちは、ハレー・クリシュナのマハー・マントラを授かり、それを瞑想し、成就に達した」。

 アナンタ (Ananta) とは、サンスクリット語で 「無限」という意味。サムヒタ (Samhita) とは、14部の神聖な文献のうちの1つ(one of four collections of sacred texts) で、ヴェーダのテキストの最も古代の層を指します。

 この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

「マハー・マントラ」とは?

    ハレー・クリシュナ・ハレー・クリシュナ
    クリシュナ・クリシュナ・ハレー・ハレー
    ハレー・ラーマ・ハレー・ラーマ
    ラーマ・ラーマ・ハレー・ハレー

    「この16の御名、32の音節のマントラは、すべての人々が唱えることのできる、カリの時代におけるマハー・マントラである。このマハー・マントラを決して放棄してはならない。」 (Ananta-samhita)

 

Yahoo の動画です

Hare Krishna Great Chant ~ Shyamananda Kirtan Band

Hare Krishna “Great Chant” ~ Shyamananda Kirtan Mandali – YouTube

https://youtu.be/a8UWXtGRggQ

Krishna Bhakti Art
 (https://www.youtube.com/channel/UCxCgujuIn5V1UNP0QbRkI9A)
Published on Oct 9, 2014 (07:01)

A Vedic Bhakti art devotional slideshow featuring artwork images of The Supreme Personality Of Godhead Lord Sri Krishna and His Eternal Consort Srimati Radharani. The Video is set to the Hare Krishna Maha-Mantra (The great chant for deliverance from material suffering) performed by the Shyamananda Kirtan Band.
The sixteen sacred sound syllables and a short explanation of the Maha-Mantra follow…..

 神格主 Sri Krishna と彼の永遠の同胞 Srimati Radharani のアートワークイメージを特集したVedic Bhakti の礼拝スライドショー。 ビデオは Shyamananda Kirtan Band によって演奏された Hare Krishna Maha-Mantra (重大な苦しみからの救済のための大きな賛歌) に設定されています。
 16の神聖な音節と、マハ・マントラの短い説明が続きます…..

HARE KRISHNA MAHAMANTRA

Hare Krishna
Hare Krishna
Krishna Krishna
Hare Hare
Hare Rama
Hare Rama
Rama Rama
Hare Hare

ハレー・クリシュナ・マハマントラ

ハレー・クリシュナ・ハレー・クリシュナ
クリシュナ・クリシュナ・ハレー・ハレー
ハレー・ラーマ・ハレー・ラーマ
ラーマ・ラーマ・ハレー・ハレー

「この16の御名、32の音節のマントラは、すべての人々が唱えることのできるカリの時代におけるマハー・マントラである。このマハー・マントラを決して放棄してはならない。」(Ananta-samhita)

Srila Prabhupada says:
Rama and Krishna are names of God, and Hare is the energy of God. So when we chant the maha-mantra, we address God together with His energy. This energy is of two kinds, the spiritual and the material. At present we are in the clutches of the material energy.

    シュリーラ・プラブパーダは、述べています:
     ラーマとクリシュナは神の名であり、ハーレー (Hare) は神のエネルギーです。 だから私たちが、マハ・マントラを唱えるとき、私たちは彼のエネルギーと共に神に言います。 このエネルギーは霊的なものと物質的なものの2種類です。 現在、私たちは物質的なエネルギーの握りを持っています。

注記:Hare (ハーレ)、神のエネルギーです。
a fast-running, long-eared mammal that resembles a large rabbit, having long hind legs and occurring typically in grassland or open woodland.
野ウサギ
長いウサギに似ており、長い後肢を持ち、典型的には草原または森林地帯に存在する、速く走り、長い耳の哺乳動物である。

Therefore we pray to Krishna that He may kindly deliver us from the service of the material energy and accept us into the service of the spiritual energy. That is our whole philosophy.

     それゆえ、私たちはクリシュナに、物質的なエネルギーのサービスから私たちを優しく救い出し、私たちを精神的エネルギーのサービスに受け入れることを祈っています。 それが私たちの全哲学です。

Hare Krishna means,
“O energy of God, O God [Krishna], please engage me in Your service.” It is our nature to render service.
Somehow or other we have come to the service of material things, but when this service is transformed into the service of the spiritual energy, then our life is perfect.

     ハーレクリシュナとは、
    「神の栄光よ、神よ、クリシュナ、あなたのサービスに私を従事させてください。」サービスを提供するのは私たちの本質です。

 どういうわけか、私たちは物質的なものを提供するようになりましたが、このサービスが霊的なエネルギーのサービスに変わると、私たちの人生は完璧です。

Category Music
License Standard YouTube License

Ananta-samhita (聖典) とは?

Samhita
Samhita literally means “put together, joined, union”, a “collection”, and “a methodically, rule-based combination of text or verses”. Samhita also refers to the most ancient layer of text in the Vedas, consisting of mantras, hymns, prayers, litanies and benedictions.

サムヒタ
 サムヒタは、文字通り「集合、結合、組合」、「コレクション」、そして「規則的なルールベースのテキストまたは詩の組み合わせ」を意味します。

 サムヒタ (Samhita) は、マントラ、賛美歌、祈り、litanies と benedictions で構成される、ヴェーダのテキストの最も古代の層を指します。

Anantha Samhita (Telugu) Paperback – 16 Aug 2011
by Marichi Maharshi (Author)

Anantha Samhita(テルグ語:Telugu)ペーパーバック – 2011/8/16
Marichi Maharshi(著)

注記:テルグ語 (テルグご、Telugu) は、ドラヴィダ語族に属する言語で、インド南東部のアーンドラ・プラデーシュ州およびテランガーナ州の公用語である。

This is a reproduction of a book published before 1923.
This book may have occasional imperfections such as missing or blurred pages, poor pictures, errant marks, etc. that were either part of the original artifact, or were introduced by the scanning process. We believe this work is culturally important, and despite the imperfections, have elected to bring it back into print as part of our continuing commitment to the preservation of printed works worldwide. We appreciate your understanding of the imperfections in the preservation process, and hope you enjoy this valuable book.

 これは、1923年以前に出版された本の複製です。
 この本は、元のアーティファクトの一部であったり、スキャンプロセスによって導入されたページの欠落やぼやけ、貧弱な画像、誤ったマークなどの不完全な場合があります。 この作品は文化的に重要であり、不完全さにもかかわらず、世界中の印刷物の保存に向けた継続的な取り組みの一環として、この作品を印刷物に戻すことを選択しました。 保存プロセスの不完全さについてご理解いただき、この貴重な本をお楽しみください。

Product details

Paperback: 314 pages
Publisher: Nabu Press (16 Aug. 2011)
Language: Telugu
ISBN-10: 1175404799
ISBN-13: 978-1175404794
Product Dimensions: 18.9 x 1.7 x 24.6 cm

Anantha Samhita: Amazon.co.uk: Marichi Maharshi: 9781175404794: Books
Anantha Samhita by Marichi Maharshi (ISBN: 9781175404794)
マリチ・マハリシ 著 Anantha Samhita(ISBN:9781175404794)

In Hinduism, the Ananta Samhita is a Pancaratra agama, part of the Pancaratra corpus known collectively as the “Narada Pancaratra” among Gaudiya Vaisnavas.

 ヒンドゥー教では、アナンタ・サムヒタは、ガウディヤ・ヴァイズナヴァの間で「ナラダ・パンカラ」と総称されるパンカラ・コーパスの一部であるパンカラ・アガマです。

 

Pancaratra Agama

パンカラ・アガマ (Pancaratra Agamas)
Pancaratra Agama Texts
by Miscellaneous

Pancaratra Agama Texts
by Miscellaneous
(of items or people gathered or considered together) of various types or from different sources.
パンカラトラ・アガマのテキスト
雑多
(さまざまな種類のものや異なるソースから集められた、あるいは一緒に集められたもの、または人々のもの)。

A collection of published works on the Pancaratra Agamas in the last century.
The contents Include:(1) Catalogues of Pancaratra Agama and Samhita Texts, (2) Agama Pramanya of Yamunacharya, (3) Sri Pancaratra Raksha of Vedanta Desika, (4) Ahirbudhniya Samhita, (5) Aniruddha Samhita, (6) Bharadvaja Samhita of the Narada Pancaratra, (7) Brhat Brahma Samhita of the Narada Pancaratra, (8) Ishvara Samhita, (9) Jayakhya Samhita, (10) Kapinjala Samhita, (11) Kashyapa Samhita, (12) Lakshmi Tantra, (13) Narayana Samhita, (14) Padma Samhita, (15) Parama Samhita, (16) Parameshvara Samhita, (17) Parasara Samhita, (18) Paushkara Samhita, (19) Sanatkumara Samhita, (20) Sandilya Samhita, (21) Sattvata Tantra/Samhita and (22) Vishnu Samhita.

前世紀におけるパンカラ・アガマ (Pancaratra Agamas) に出版された作品を集めました。
内容は、(1)パンカラトラ・アガマとサムヒタ・テキストのカタログ、(2)ヤムナチャリヤのアガム・プラマンヤ、(3)ヴェダンタ・デシカのスリ・パンカラトラ・ラクシャ、(4)アヒルブドニヤ・サムヒタ、(5)アンリッダ・サムヒタ、 (7)ナラダ・パンカラトラのブラット・ブラフマ・サムヒタ、(8)イシバラサムヒタ、(9)カヒンヤラサムヒタ、(11)カシャヤパサムヒタ、(12)ラクシュミ・タントラ、(13)ナラヤナ (17)パラサラ・サムヒタ(18)パウサカラ・サムヒタ(19)サナタクママ・サムヒタ(20)サンドリア・サムヒタ(21)サッタヴァタ・タントラ/ サムヒタと(22)ビシュヌ・サムヒタ

Pancharatra
Pancharatra was a religious movement in Hinduism that originated in late 1st millennium BCE around the ideas of Narayana considered as an avatar of Vishnu. The movement later merged with the ancient Bhagavata tradition and contributed to the development of Vaishnavism.

パンチャラトゥラ
 Pancharatraはヴィシュヌのアバターとして考えナラヤナのアイデアを中心に後半紀元前1千年紀に由来ヒンドゥー教の宗教の動きでした。 この動きは後に古代バガヴァタの伝統と合併し、ヴァイシュナヴィズムの発展に貢献しました。

 

ナーガラージャ (Nāgarāja)

 ナーガラージャ (Nāgarāja) は、インドにおける蛇神の諸王である。

 仏教では、八大竜王をはじめ様々な竜神として取り入れられた。難陀 (ナンダ/Nanda) 、跋難陀 (ウパナンダ/Upananda)、娑伽羅 (サカラ/Sagara)、和修吉 (ワシュウキ/Vaski)、徳叉迦 (トクシャカ/Taksaka)、阿那婆達多 (アナパダッタ/Anavatapta)、摩那斯 (マナス/Manasvin)、優鉢羅 (ウッパラ/Utpalaka)といった八大竜王はナーガラージャである。

 ヴァースキ (Vaski、和修吉、ワシュウキ) はシェーシャ (英語版) (Śeṣa) と同一視される。

 シェーシャとはインド神話に登場するナーガラージャで、カシュヤパ仙とカドゥルーの間に生まれた1000のナーガの1人。千の頭をもつ巨大な蛇とされ、千の頭の一つ一つに卍の印がついている他、イヤリング、王冠、花冠も身につけている。マナサーという妹をもつ。

 ヒンドゥー教の宇宙観では、世界には7層の地下世界があるとされるが、シェーシャがいるのはさらにその下で、その千の頭で大地を支えているといわれている。乳海攪拌のときは、マンダラ山 (英語版) を回転させる綱の役割を果たした。

 しかし、あまりの苦しさに猛毒 (ハラーハラ) (英語版) を吐き出してしまい、危うく世界を滅ぼしかけた。シヴァ神はその毒を飲み込んで世界を救ったが、猛毒がシヴァ神ののどを焼いたため首から上が青黒くなった。シヴァ神の別名ニーラカンタはこれに由来するという。

 

アナンタ (Ananta) とは?

 アナンタ (Ananta) とは、インド神話に登場するナーガラージャの一人。その名は「無際限」または「永遠」を意味する。

 やはり千の頭をもつといわれる。蛇族の棲むパーターラという地底界の最深部で、世界を支えている原初の蛇アーディシェーシャの別名であり、シェーシャが自らの尾をくわえて輪の形になっている状態の時に、アナンタの名で呼ばれると言われている。

 したがってアナンタはヴァースキ (Vaski、和修吉) とも同一である。

 アナンタはこの世が始まる以前、宇宙が混沌の海だった時に、ヴィシュヌがアナンタを船の替わりにして、その上に寝ていたという。そのヴィシュヌのへそから蓮の花が伸びてそこに創造神ブラフマーが生まれ、ブラフマーの額から破壊神シヴァが生まれたとされている。

 また、この世が終わる時、全ての生物が滅び去った時も、再び世界が創造されるまでの間、ヴィシュヌはアナンタの上で眠り続けるとされる。ヴィシュヌの使いとされる。

 

Marichi

Marichi
Rishi Marichi or Mareechi or Marishi is the son of Brahma, the cosmic creator, and also one of the Saptarshi, in the First Manvantara, with others being Atri, Angiras, Pulaha, Kratu, Pulastya, and Vashishtha. In another classification, Marichi is one of the ten Prajapatis, the ruler of people created by Brahma.More at Wikipedia

マリチ
Rishi MarichiまたはMareechiまたはMarishiは、Brahmaの息子であり、宇宙の創造者でもあり、Saptarshiの1人で、最初のManvantaraにはAtri、Angiras、Pulaha、Kratu、Pulastya、Vashishthaなどがあります。 別の分類では、MarichiはBrahmaによって作成された人々の支配者である10人のPrajapatisの1人です。もっと見るWikipedia

Sri Caitanya-caritamrta
CC Adi-lila
The quotation from the Ananta-saṁhita is one of the innumerable scriptural statements regarding Lord Caitanya’s being the Supreme Lord Himself.
CC Adi 2.22, Purport: The author of Śrī Caitanya-caritāmṛta most emphatically stresses that Lord Caitanya Mahāprabhu is Śrī Kṛṣṇa Himself. He is not an expansion of the prakāśa or vilāsa forms of Śrī Kṛṣṇa; He is the svayaṁ-rūpa, Govinda. Apart from the relevant scriptural evidence forwarded by Śrīla Kṛṣṇadāsa Kavirāja Gosvāmī, there are innumerable other scriptural statements regarding Lord Caitanya’s being the Supreme Lord Himself. The following examples may be cited:
(1) From the Caitanya Upaniṣad (5): gauraḥ sarvātmā mahā-puruṣo mahātmā mahā-yogī tri-guṇātītaḥ sattva-rūpo bhaktiṁ loke kāśyati. “Lord Gaura, who is the all-pervading Supersoul, the Supreme Personality of Godhead, appears as a great saint and powerful mystic who is above the three modes of nature and is the emblem of transcendental activity. He disseminates the cult of devotion throughout the world.”
(2) From the Śvetāśvatara Upaniṣad (6.7 and 3.12):

スリカイタンヤカリタラムタ
CC Adi-lila
Ananta-saṁhitaからの引用は、主Caitanyaが最高の主自身であることに関する無数の聖句に関する記述の一つです。
CC Adi 2.22、Purport:ŚrīCaitanya-caritāmṛtaの著者は、主としてCaitanyaMahāprabhu卿がŚrīKṛṣṇa自身であることを強調しています。彼はprakāśaまたはvilāsa形式のŚrīKṛṣṇaの拡張ではない。彼はsvayaṁ-rūpa、Govindaです。 ŚrīlaKṛṣṇadāsaKavirājaGosvāmīが伝えた関連する聖書の証拠以外にも、Caitanya主が最高の主であることに関する多くの他の聖句があります。以下の例を挙げることができる:
(1)CaitanyaUpaniṣad(5)から:gauraḥsarvātmāmahā-puruṣomahātmāmahā-yogītri-guṇātītaḥsattva-rūpobhaktiṁlokekāśyati。 「ガウラ卿は、神格の最高人格である全能の超能力者であり、3つの自然の様式を超え、超越的な活動の象徴である偉大な聖人であり、強力な神秘主義者である。世界。”
(2)ŚvetāśvataraUpaniṣad(6.7と3.12)から:

Ananta-samhita – Vaniquotes
https://vaniquotes.org/wiki/Ananta-samhita

● 関連した記事一覧 ●

 関連した記事の一覧です。参考にしてください。

 

「チャクラ」記事一覧

http://mind.add-spot.com/wp/tag/チャクラ

  • 「ああ瞑想」”ahh meditation” – 参考資料

    2017年8月30日
    「ああ瞑想」”ahh meditation” – 参考資料  この、「ああ瞑想」”ahh ...
  • 平和と沈黙

    2018年1月25日
    平和と沈黙  「真理の探究者には3つの段階がある。」ことを知り、理解します。そして、黙想します。沈黙は、平和をもたらします。    この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 ...
  • サハジャヨガの動画

    2018年1月29日
    サハジャヨガの動画  サハジャヨガの、「サハジャヨガの瞑想を通じて自己実現」(Self Realization through Sahaja ...
  • 1-「今、私は本当に恵まれた環境にいるんです」

    2018年1月30日
    1-「今、私は本当に恵まれた環境にいるんです」 1-「口癖を変えると人生が変わる」  「口癖を変えると人生が変わる」と言われます。「今、私は本当に恵まれた環境にいるんです」という、口癖を紹介します。  この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 口癖を変える ...
  • 2-「今、私は本当に恵まれた環境にいるんです」

    2018年2月1日
    2-「今、私は本当に恵まれた環境にいるんです」 2-「口癖を変えると人生が変わる」  「口癖を変えると人生が変わる」と言われます。「今、私は本当に恵まれた環境にいるんです」という、口癖を紹介します。  この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 口癖を変える ...
  • Sahajya-yoga-Kundalini

    2018年2月19日
    Sahajya-yoga-Kundalini 「真のクンダリーニヨガの瞑想」  「真のクンダリーニヨガの瞑想」を、今体験してください。このユニークな「自己実現ガイド瞑想」で、明確なチャクラの実現姿勢と、肯定と、優れたフルートの音楽を、Anand Murdeshwar が提供し、いつでもどこでも、5分間かかります。  無意識の中で、あなたの真の自己 (Self・真我) ...
  • 瞑想法

    2018年4月14日
    瞑想法 眉間に集中する瞑想  呼吸が、整うと次に、眉間に注意を向けます。眉間に集中する瞑想です。眉間は、アジュナーチャクラ (第三の眼) と呼ばれています。  この場所は、「神の座」と言われています。意識で想念 (心) ...
  • マントラを唱える – 貧転咒 (ひんでんじゅ)

    2018年4月15日
    マントラを唱える – 貧転咒 (ひんでんじゅ) 「即身貧転福徳円満宇賀神将菩薩白蛇示現三日成就経」  貧転咒 ...
  • マントラを唱える – 虛空藏菩薩 (こくうぞうぼさつ)

    2018年4月16日
    マントラを唱える – 虛空藏菩薩 (こくうぞうぼさつ) Chinese: ...
  • マントラを唱える – 大聖歓喜天 (聖天) – 太陽神経叢

    2018年4月16日
    マントラを唱える – 大聖歓喜天 (聖天) ...


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »