サハジャ (sahaja) – 自然な状態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

サハジャ (sahaja) – 自然な状態

第四の意識状態

 サマーディのなかに永久的にとどまっていることが、サハジャ (自然な状態) である。サハジャ (sahaja) とは、自然な状態。本来の状態・真我の状態です。

     ラマナ・マハルシは、「サマーディ [ samadhi ]」、「トゥリーヤ [ turiya ] (第四の意識状態)」、「ニルヴィカルパ [ nirvikalpa ]」は、みな同じ意味を示している。それは真我の自覚である。と言っています。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

サハジャ (自然な状態)

     サマーディのなかに永久的にとどまっていることが、サハジャ (自然な状態) である。サハジャ (sahaja) とは、自然な状態。本来の状態・真我の状態です。

「BE AS YOU ARE (あるがままに) ナチュラルスピリット刊」より

マハルシ
 サマーディ、トゥリーヤ、ニルヴィカルパはみな同じ意味を示している。

     それは真我の自覚である。

 トゥリーヤの文字どおりの意味は「第四の状態」であり、第四の状態とは目覚め、夢見、眠りの三つの状態から区別された至高の意識のことである。

     第四の状態は永遠であり、他の三つの状態はそのなかで来ては去っていく。

 トゥリーヤのなかではいくらかの想念がいまだに侵入し、感覚もある程度活動しているが、心が源のなかで溶けあったという自覚がある。

 ニルヴィカルパのなかでは感覚の活動はなく、想念は完全に不在の状態である。
 それゆえ、この状態での純粋意識の体験は、強烈で至福に満ちたものである。

 トゥリーヤは、サヴィカルパ・サマーディのなかで達成することができる。

 

真我の意識状態

 四つの意識状態について、ラマナ・マハルシは、話しています。

    (3:10~)「人は、常に眠りの中だけにいるのです。現在の目覚めの状態は、夢以外の何者でもありません。夢は、眠りの中でしか起こりません。眠りは、これら3つの状態の根底にあります。これら3つの状態の現れもまた夢であり、その夢もまた、もうひとつの眠りなのです。」

 以下は、古来からのヒンドゥー哲学の意識のとらえかたです。

 多くの人は、日中活動し夜間に睡眠をとります。私の意識には、「起きている状態」と「眠っている状態」の、2つの意識状態があります。

 「目覚めの状態 (起きている状態)」 をジャグルティ (Jagruti) といい、眠った状態をさらに、2つに分けています。

 「夢を見ている状態」をスワプナ (Swapna) といい、「深く眠った状態」をスシュプティ (Sushupti) といいます。

 この3種類の意識は、普段活動する中で、日常的に体験する事の多い意識の状態です。

 この3つの意識を超えた「高次の意識」が、トゥリヤの意識状態です。トゥリヤ (Turiya) は、「第4の意識」という意味です。

 トゥリヤの意識状態で、人は初めて「本当の現実・リアリティを知る」、といわれます。雑念がなく、意識が清明で、かつ注意深くある状態です。

 ニルヴィカラ・サマーディ (Nirvichara Samadhi) とも言われるこの状態では、深いメディテーションの中、人はこのような意識状態にあることができます。


※サマディ(三昧) サマディとはすべての心理作用が消滅してしまった状態を意味する。このときに純粋観照者たる真我は自己本来の態にとどまることになる。(参考文献「ヨーガ・スートラ」佐保田鶴治).

参考資料:
ヨガが経験を語るときに、これらのサマディの経験を記述するためにヨギが使用する言葉が後で来ます。

ババ・ハリ・ダス (Baba Hari Dass) は、次のように説明しています。

 「 デシ (空間)、 カール (時間)、 ニミタ (原因) オブジェクトは微妙ですが、それは単独で発生します。 集中力が増すほど、心が鋭く浸透します。」

 このサマディで得られた経験的知識のおかげで、このレベルで練習しているヨギは、宇宙を微妙なエネルギーと微妙な形の一つとみなしています。

 ニルヴィタルカ [Nirvitarka] とサヴィカラ・サマーディ [savichara samadhis] はまた、神や他の微妙な存在のダーシャン (視力)、内の音 (ナダ)、神の味、神の匂い、または内的な感覚のような、神の触れ合い (スートラ [sutra 1.35] への解説を参照)。 この段階の魅力的な性質のため、強い付着を生み出すことができます。

 したがって、いくつかの瞑想者は、すべての微妙な差別化を放棄する必要がある次の段階、ニルヴィカラ [nirvichara] を達成するために サヴィカラ [savichara] を越えることは難しいと感じています。

 ニルヴィカラ・サマーディ [nirvichara samadhi] では、物体の世界 (全体的にも微妙なものでも) と心理的な起源についての心の認識と関与が断ち切られています。

 個性あふれる「あんか」は、世界の創造を止める。 それは内向きになり、非識別の経験から流れる幸福が感じられる。

 このように、私たちの喜びと痛みの最も直接的な原因は、外部の宇宙とのアハンカラの同定と、それに関する心の考えである。

 サナンダ・サマーディ[sananda samadhi] では、ヨギは歓楽やエクスタシーを経験しています。心の中の唯一の考えは、「私は喜びです、私は満足しています」という気持ちを無言で認識しています。

1)目覚めの意識状態 (ジャグルティ [Jagruti])
 目覚めている状態です。 

2)夢見の意識状態 (スワプナ [Swapna]) 
 夢を見ている状態です。

3)夢のない深い眠りの意識状態 (スシュプティ [Sushupti]) 
 眠っている状態です。

4)至福の状態 (トゥリヤ [Turiya])
 サンスクリット語で第四の状態、純粋の状態という意味です。
 3つの意識状態を超えたところに、「トゥリヤ」という四つ目の状態がある。
 ラマナ・マハルシは、「一時的な3つの状態の現れ」を支える「潜在的な実在」が真我だといいました。

     過去や未来に惑わされる事なく、今 (現在・目の前の現実・リアリティ) をあるがままに認識し、体験することができます。
    Talk 244.
    (6:18~)「意識の本性は、至福なのです。ただ、至福だけが存在し、喜びを楽しむものは、存在しません。喜ぶものと喜び、その双方が、意識の中に溶けいったからです」

     ラマナ・マハルシとの対話から、以下の対話 (Talk 244.) が参考になります。
     「もし、考えるものを探しだそうとするなら、想念は消え去るでしょう」

ラマナ・マハルシとの対話

 ラマナ・マハルシとの対話から、1936年8月29日 Talk 244.「サーへバー王妃 (Maharani Saheba) との対話」の英語版です。

 

A Maharani Saheba spoke in a gentle and low voice, but quite audibly:

Talk 244.
A Maharani Saheba spoke in a gentle and low voice, but quite audibly:
D.: “Maharajji, I have the good fortune to see you. My eyes have had the pleasure of seeing you, my ears the pleasure of hearing your voice.
“I am blessed with everything that a human being would like to have.” Her Highness’s voice choked. With great strength of mind she rallied and proceeded slowly, “I have all that I want, a human being would want …. But … But … I … I … do not have peace of mind … Something prevents it. Probably my destiny….” There was silence for a few minutes. Then Maharshi in his usual sweet manner spoke:
M.: “All right. What need be said has been said. Well. What is destiny?
There is no destiny. Surrender, and all will be well. Throw all the responsibility on God. Do not bear the burden yourself. What can destiny do to you then?”
D.: Surrender is impossible.
M.: Yes. Complete surrender is impossible in the beginning. Partial surrender is certainly possible for all. In course of time that will lead to complete surrender. Well, if surrender is impossible, what can be done? There is no peace of mind. You are helpless to bring it about. It can be done only by surrender.

注記:A Maharani Saheba spoke in a gentle and low voice, but quite audibly:
 サーへバー王妃は、穏やかで声は小さいが、聞こえるほどの声で語った。
Maharani マハラニ、王妃、Maharani Saheba サーへバー王妃
a maharaja’s wife or widow. マハラジャの妻または未亡人。
 〔インド史〕マーハラージャの夫人;マーハラージャの位を持つ女性.
 ラージャあるいはラージャー(Raja, Rajah, 羅闍)とは、サンスクリット語の語彙で、君主号または貴族の称号のことである。
 強大な権勢を持つラージャは、「マハーラージャ(Maharaja)」という。日本語に訳せば「王」・意訳して「豪族」の意味。インドのみでなくその影響を強く受けたヒンドゥー教時代の東南アジアにも伝播し、王または王族・貴族の称号として定着した。

— 203 —

Talks with Sri Ramana Maharshi

D.: Partial surrender – well – can it undo destiny?
M.: Oh, yes! It can.
D.: Is not destiny due to past karma?
M.: If one is surrendered to God, God will look to it.
D.: This being God’s dispensation, how does God undo it?
M.: All are in Him only.
D.: How is God to be seen?
M.: Within. If the mind is turned inward God manifests as inner consciousness.
D.: God is in all – in all the objects we see around us. They say we should see God in all of them.
M.: God is in all and in the seer. Where else can God be seen? He cannot be found outside. He should be felt within. To see the objects, mind is necessary. To conceive God in them is a mental operation. But that is not real. The consciousness within, purged of the mind, is felt as God.
D.: There are, say, beautiful colours. It is a pleasure to watch them.
We can see God in them.
M.: They are all mental conceptions.
D.: There are more than colours. I mentioned colours only as an example.
M.: They are also similarly mental.
D.: There is the body also – the senses and the mind. The soul makes use of all these for knowing things.
M.: The objects or feelings or thoughts are all mental conceptions. The mind rises after the rise of the I-thought or the ego. Wherefrom does the ego rise? From the abstract consciousness or Pure intelligence.
D.: Is it the soul?
M.: Soul, mind or ego are mere words. There are no entities of the kind. Consciousness is the only truth.
D.: Then that consciousness cannot give any pleasure.
M.: Its nature is Bliss. Bliss alone is. There is no enjoyer to enjoy pleasure.
Enjoyer and joy – both merge in it.

— 204 —

Talks with Sri Ramana Maharshi

D.: There are pleasure and pain in ordinary life. Should we not remain with only pleasure?
M.: Pleasure consists in turning and keeping the mind within; pain in sending it outward. There is only pleasure. Absence of pleasure is called pain. One’s nature is pleasure – Bliss (Ananda)
D.: Is it the soul?
M.: Soul and God are only mental conceptions.
D.: Is God only a mental conception?
M.: Yes. Do you think of God in sleep?
D.: But sleep is a state of dullness.
M.: If God be real He must remain always. You remain in sleep and in wakefulness – just the same. If God be as true as your Self, God must be in sleep as well as the Self. This thought of God arises only in the wakeful state. Who thinks now?
D.: I think.
M.: Who is this ‘I’? Who says it? Is it the body?
D.: The body speaks.
M.: The body does not speak. If so, did it speak in sleep? Who is this I?
D.: I within the body.
M.: Are you within the body or without?
D.: I am certainly within the body.
M.: Do you know it to be so in your sleep?
D.: I remain in my body in sleep also.
M.: Are you aware of being within the body in sleep?
D.: Sleep is a state of dullness.
M.: The fact is, you are neither within nor without. Sleep is the natural state of being.
D.: Then sleep must be a better state than this.
M.: There is no superior or inferior state. In sleep, in dream and in the wakeful state you are just the same. Sleep is a state of happiness; there is no misery. The sense of want, of pain, etc., arises only in the wakeful state.

— 205 —

Talks with Sri Ramana Maharshi

What is the change that has taken place? You are the same in both, but there is difference in happiness. Why? Because the mind has risen now. This mind rises after the ‘I-thought’. The thought arises from consciousness. If one abides in it, one is always happy.
D.: The sleep state is the state when the mind is quiet. I consider it a worse state.
M.: If that were so, why do all desire sleep?
D.: It is the body when tired that goes to sleep.
M.: Does the body sleep?
D.: Yes. It is the condition in which the wear and tear of the body is repaired.
M.: Let it be so. But does the body itself sleep or wake up? You yourself said shortly before that the mind is quiet in sleep. The three states are of the mind.
D.: Are they not states of the soul functioning through the senses, etc.?
M.: They are not of the soul or of the body. The soul remains always uncontaminated. It is the substratum running through all these three states. Wakefulness passes off, I am; the dream state passes off, I am; the sleep state passes off, I am. They repeat themselves, and yet
I am. They are like pictures moving on the screen in a cinema show.
They do not affect the screen. Similarly also, I remain unaffected although these states pass off. If it is of the body, are you aware of the body in sleep?
D.: No.
M.: Without knowing the body to be there how can the body be said to be in sleep?
D.: Because it is still found after waking up.
M.: The sense of body is a thought; the thought is of the mind, the mind rises after the ‘I-thought’, the ‘I-thought’ is the root thought.
If that is held, the other thoughts will disappear. There will then be no body, no mind, not even the ego.
D.: What will remain then?
M.: The Self in its purity.
D.: How can the mind be made to vanish?

— 206 —

Talks with Sri Ramana Maharshi

M.: No attempt is made to destroy it. To think or wish it is itself a thought. If the thinker is sought, the thoughts will disappear.
D.: Will they disappear of themselves? It looks so difficult.
M.: They will disappear because they are unreal. The idea of difficulty is itself an obstacle to realisation. It must be overcome. To remain as the Self is not difficult.
D.: It looks easy to think of God in the external world, whereas it looks difficult to remain without thoughts.
M.: That is absurd; to look at other things is easy and to look within is difficult! It must be contrariwise.
D.: But I do not understand. It is difficult.
M.: This thought of difficulty is the chief obstacle. A little practice will make you think differently.
D.: What is the practice?
M.: To find out the source of ‘I’.
D.: That was the state before one’s birth.
M.: Why should one think of birth and death? Are you really born? The rising of the mind is called birth. After mind the body-thought arises and the body is seen; then the thought of birth, the state before birth, death, the state after death – all these are only of the mind. Whose is the birth?
D.: Am I not now born?
M.: So long as the body is considered, birth is real. But the body is not ‘I’. The Self is not born nor does it die. There is nothing new.
The Sages see everything in and of the Self. There is no diversity in it. Therefore there is neither birth nor death.
D.: If sleep be such a good state, why does not one like to be always in it?
M.: One is always only in sleep. The present waking state is no more than a dream. Dream can take place only in sleep. Sleep is underlying these three states. Manifestation of these three states is again a dream, which is in its turn another sleep. In this way these states of dream and sleep are endless.
Similar to these states, birth and death also are dreams in a sleep.
Really speaking, there are no birth and death.

— 207 —

Talks with Sri Ramana Maharshi

The End

8th September, 1936 へ続きます。

ラマナ・マハルシとの対話

 ラマナ・マハルシとの対話から、1936年8月29日 Talk 244.「サーへバー王妃 (Maharani Saheba) との対話」の朗読です。

TALKS WITH SRI RAMANA MAHARSHI
29th August, 1936 Talk 241. ~ Talk 244.

ラマナ・マハルシとの対話
1936年8月29日 Talk 244.
「サーへバー王妃 (Maharani Saheba) との対話」

 YouTube の動画です。

[playlist-52] ラマナ・マハルシ:ある王妃との対話1 – YouTube
https://youtu.be/BZajISiCTpc

artmnet0
https://www.youtube.com/channel/UCWcmOzVGya4x1jTd3rGrIAg
2013/08/22 に公開 (13:49)

『ラマナ・マハルシとの対話』より抜粋朗読。
dialogs with Sri Ramana Maharshi from “Talks”

    (1:28~)「さて、運命とはなんでしょうか?運命などというものは、存在しないのです。『明け渡しなさい。』そうすれば、全ては良くなるでしょう。すべての責任を神に『投げ出しなさい。』」
    (6:18~)「意識の本性は、至福なのです。ただ、至福だけが存在し、喜びを楽しむものは、存在しません。喜ぶものと喜び、その双方が、意識の中に溶けいったからです」

[playlist-53] ラマナ・マハルシ:ある王妃との対話2 – YouTube
https://youtu.be/zGrarYyJlPQ

artmnet0
https://www.youtube.com/channel/UCWcmOzVGya4x1jTd3rGrIAg
2013/08/22 に公開 (3:55)

『ラマナ・マハルシとの対話』より抜粋朗読。
dialogs with Sri Ramana Maharshi from “Talks”

    (3:10~)「人は、常に眠りの中だけにいるのです。現在の目覚めの状態は、夢以外の何者でもありません。夢は、眠りの中でしか起こりません。眠りは、これら3つの状態の根底にあります。これら3つの状態の現れもまた夢であり、その夢もまた、もうひとつの眠りなのです。」

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »